カテゴリ --- 経営・戦略に役立つ情報 --- の最近のブログ記事

弊社では、近々、「本物館」の屋号で、

物販事業を立ち上げる予定ですが、

私は、この事業を成功に導くために、

『繁盛店の共通点』を真似ることにしました。


 


 

実は、弊社の印刷事業を行う「セイコー印刷」では、

さまざまな業界の販促物のお手伝いを行っていますので、

ずっと前から、『繁盛店の共通点』に気づいていたのです。

 

ですから私は、物販事業を立ち上げるに当たり、

それをまねることは大変重要なことだと思っています。

 

ということで、今度配信するメールマガジンは、

弊社が立ち上げる物販事業「本物館」を例に挙げながら、

「繁盛店の共通点を知る」のタイトルで、

その重要性について、分かりやすく書きたいと思っています。

 

配信は、8月11日(木)午前8:00です。

 

どうぞ、お見逃し無く!

 

ところで、これを読むには登録が必要です。

読んでみたいと思った方で登録がまだの方、

又は、解除してしまったといった方は、

下記より、今すぐご登録ください。

 

登録は無料です。解除はいつでも自由に出来ますのでご安心ください。

http://www.seiko-linx.jp/mailmaga/


このメールマガジンは、まぐまぐサイトの「殿堂入りメールマガジン」です。

 

セイコーリンクスでは近々、物販事業がスタートする予定です。

 

セイコーリンクス株式会社

 

上記は、その事業の屋号となる「本物館」のロゴです。

 

物販事業を立ち上げるに当たっては、

先ず、屋号(お店の名前)が重要となります。

 

スタッフ全員で意見を出し合い、100を超える名前の案から

決定したのが、この「本物館」でした。

 

本物館の運営会社である、弊社「セイコーリンクス」では、

「売れるものならば何でも売る」という考え方ではなく、

「本物と呼べる商品だけをお客様に提供する」という

1つの基本的な考え方があります。

 

その考え方を、お客さまにストレートに訴えかけ、

「本物が欲しい」と思っているお客様に共鳴していただきたいとの想いから、

迷いなくこの名前となりました。

 

さて、名前の次に大切なものが、ロゴです。

私は、本物館の「本物」2文字から直ぐに書道をイメージしました。

 

単なる直線や角丸などで作った幾何学的なロゴではなく、

今回は、ロゴ自体からも本物を扱うお店であることを強く訴えかけ、

それを全国の消費者の方々に感じ取って欲しいと思ったのです。

 

そこで、じっくりと焦らず時間を掛けて仕上げたものが上記のロゴです。

 

如何ですか?

 

このロゴから

「本物だけを提供するお店」といった感じが漂ってきませんか?

 

このパターンの他に、

右のように輝き感を表すイラストを省き、

右下に落款を押したイメージも作ってみましたが、

筆文字の落ち着きや風格の中にも、

ちょっとお洒落な感じを漂わせたかったので、

最終的に上記のロゴに決定しました。

セイコーリンクス株式会社

 


前回のメールマガジン「売り上げアップの手法と考え方が分かる!」の

「Vol.60 私を納得させ、購入に導いたホームページ」でも

チラッと触れましたが、お店のロゴは大変重要ですよね。

 


ところで、話は変わりますが、本物館で何を売るのかと云えば、

巷のコラーゲン商品とは大きな違いがある

凄いコラーゲン商品です。

 

これは、肌に塗るものではなく、

サプリメントの商品です。

 

よく「コラーゲン商品はたくさんあり、どれを選んだら良いのかが分からない…?」

という声をききます。

 

そこで、「本物館が提供するコラーゲン商品は、巷にあるものとどこがどう違うのか」

ということをチョッとだけ説明します。

 

一般的に20歳を過ぎたころから

自らの体でコラーゲンを作り出す働きが急激に衰えるといわれていますが、

本物館が提供するサプリメントは、その働きをグッと活発化させるという

ものなのです。

 

人の体でコラーゲンを作り出すメカニズムを発見した先生がおられ、

そのメカニズムに則って処方したのが本物館で提供するものなのです。

もちろん特許を取得しているものです。

つまり、本物なのです。

 

弊社が事前に行った2週間分のサンプル配布調査では、

ほぼ70パーセントの人たちがその効果を実感しています。

当然、1ヶ月分のサンプル配布にしていたら

数字は確実にアップしていたはずです。

 

この商品、肌の潤いは当然ですが、

朝の起床時のだるさ、関節の痛み、便秘、その他の悩みが改善されたと

サンプル商品を飲んでいただいた人たちには、その効果を実感してもらいました。

 

「肌も潤い、身体も爽快に…。」ということで

弊社では、この商品名を「潤肌爽(じゅんきそう)」としました。

 

たくさんの方々に今、発売を心待ちにしていただいているのですが、 

潤肌爽のロゴも今、じっくりと時間を掛けて制作中ですので、

この商品の発売までには今しばらくの時間が掛かります。

 

屋号も商品名も「ロゴ」は、

その良さを消費者にしっかりと訴えかけ、感じ取ってもらうためのものです。

ですから、私は、その制作にこだわりたいと思っています。

 

売れるホームページを作りたいと考えている人は多いと思いますが、

でも、よく聞こえてくるのは

「どうすれば良いのかが分からない」ということです。


実は、売れるホームページの基本は、

「当たり前のことをひたすらホームページに反映すること」なのです。

 

そこで、私はその当たり前のことについて

ひとつの例を挙げながら、今度配信するメールマガジンで

ご紹介したいと思っています。

 


私の会社では最近社名変更をし、

そのとき必要となる「代表者印」「角印」「銀行印」をネットで注文しました。



印章店をインターネットで検索すると、

本当に気が遠くなる程のホームページがヒットしましたが、

その中で、私を納得させ、購入に導いた印章店の

ホームページがあったのです。

 

私は、そのホームページにグッと心を引き付けられ、

その後は、川の水が上流から下流に流れるように、

ストレスもなく、購入に導かれました。

 

そこには難しい仕組みは一切ありません。

 

たくさんのホームページの中から、私が納得して印鑑3個を注文した

その印章店のホームページとは、いったいどういうものだったのでしょうか?

 

今度のメールマガジンでは、

そのことを分かりやす書こうと思っています。


    メールマガジンの配信は、

    7月12日(火) 午前8:00です。

    どうぞ、お見逃し無く!

 
ところで、これを読むには登録が必要です。
読んでみたいと思った方で登録がまだの方、
又は、解除してしまったといった方は、
下記より、今すぐご登録ください。

登録は無料です。解除はいつでも自由に出来ますのでご安心ください。
http://www.seiko-linx.jp/mailmaga/

このメールマガジンは、まぐまぐサイトの「殿堂入りのメールマガジン」です。


 

「物が売れない時代への挑戦」

このタイトルは、あるテレビ番組で使用されたものです。

広告に携わる人たちにとっては、気になるタイトルではないでしょうか?


私は、その番組を見て

「良い商品やサービスは、上辺だけの広告ではなく、

もっともっと深く掘り下げて商品の魅力を考え抜き、

狙いを定め、しっかりとした広告を行えば必ず売れる」と、

あらためて感じさせられました。

 

ということで、今度配信するメールマガジンでは、

この番組を例に取り上げながら、物が売れない時代に、

いったいどのような考え方や手法で広告を行ったらいいのか、

その重要なポイントについて書いてみたいと思います。

 

特に、安さを前面に打ち出す広告を行っている会社は必見です。

何かが見えてきます。

 

また、始めは売れなかったブランドメーカーの服が、

広告を変えたことによって

短期間で目標の売り上げに達しました。

メールマガジンを読むとその訳が分かります。

 

その他、売れる広告を作るために、しっかりと押さえておきたい

大切なキーワードも明確に見えてきます。


このメールマガジンは、

3月16日(水)

午前8:00に配信します。

 

ところで、これを読むには登録が必要です。

読んでみたいと思った方で登録がまだの方、

又は、解除してしまったといった方は、

下記より、今すぐご登録ください。

 

登録は無料です。

解除はいつでも自由に出来ますのでご安心ください。

 http://www.seiko-web.co.jp/mailmaga/


このメールマガジンは、まぐまぐサイトの「殿堂入りのメールマガジン」です。

 

 

今年1月上旬の日経新聞を読んでいた時、気になる記事が目に留まりました。

 

それは、「中小企業が本業の製品やサービスの販売単価下落や

受注減少に見舞われ、新規販路開拓が急務になっている。」と云うもので、

その打開策としてあることが重要だといった内容の記事でした。

 

その重要なことをとり入れた、ある中小企業では、

直ぐにフランスの展示会に出展し、

会社として始めての製品の輸出を開始したそうです。

 

私は、「中小企業の逆転勝利のキーワードはこれだ!」と思いました。

 

ですので、私はこれに付いてメールマガジンで詳しく書くことにしました。

 

この内容は、売り上げアップを考える上で、大変重要なものです。

是非、お読みください。

 

メールマガジンの配信は、

2月8日(火) 午前8時です。

 

ところで、このメールマガジンを読むには登録が必要です。

読んでみたいと思った方で登録がまだの方、

又は、解除してしまったといった方は、

下記より今すぐご登録ください。

 

登録は無料です。

解除はいつでも自由に出来ますのでご安心ください。

 http://www.seiko-web.co.jp/mailmaga/


このメールマガジンは、まぐまぐサイトの「殿堂入りのメールマガジン」です。

 

楽天の2010年上半期の売れ筋商品はどんなものだと思いますか?

8月4日の日経新聞によると、米やミネラルウォーターなどの、

持ち運びが大変で重くかさばる商品が上位を占めていたそうです。

 

「なるほど〜」といった感じで、多くの人が納得できるのではないでしょうか。 

 

欲しいものをマウスでポンと選択し、ネットでシュッと送信すれば、

重いものでも苦労することなく直ぐに自宅まで届きますからね。

 

総務省の家計調査によると、ネットショッピングで支出した金額は年々増えているようですが、

記事には「今後もネットで買い物をする消費者は増えそうだ。」と書いてありました。

 

働く女性が増え、これまでのようにじっくり、また、のんびりと

買い物をしている時間が取れなくなっていますからね。


間違いなくネットショッピングの人口は、どんどん増えることでしょう。

 

今、消費不況といわれていますが、ネットで上手く売る仕組みを構築している人たちは、

面白いように商品を売りまくっています。

 

あなたの会社(お店)では、ネットへの対策をしっかり行っていますか?


「何も対策をしていない」と、悩んでいる人も多いと思います。

 

でも、ここで大切なのは、「今、何もやっていない」と悩むのではなく、

「これからネット販売に取り組む」と、強く心に決めることです。


そして、行動に移すことです。

 

弊社では、『ネット販売の総合支援サービス』

近々スタートさせる予定です。

それについては、今度発行するメールマガジンで触れさせて頂きます。

興味がある人は、是非、ご覧ください。

 

今度のメールマガジンの配信は、

8月24日(火) 午前8時です。

 

ところで、このメールマガジンを読むには登録が必要です。

読んでみたいと思った方で登録がまだの方、

又は、解除してしまったといった方は、

下記より今すぐご登録ください。

 

登録は無料です。

解除はいつでも自由に出来ますのでご安心ください。

 http://www.seiko-web.co.jp/mailmaga/

このメールマガジンは、まぐまぐサイトの「殿堂入りのメールマガジン」です。

自分のことを自ら良い人だと一生懸命に売り込む人がいたとしたら

あなたは、どう感じるでしょうか?

チョッとその人のことを警戒しますよね。

 

でも、自分のことを自ら良い人だとは一言も言わないのに、

「ほんとうにこの人は良い人なんだな〜」と感じさせる人もいます。

 

あなたは、永いお付き合いをするとしたらいったいどちらを選ぶでしょうか?

多くの場合は、後者ではないでしょうか?

 

私は、ビジネスの場合も同じだと思っています。

 

もちろん、会社や商品の良い所を知ってもらうために説明するということは

大切なことです。

 

ですが、しゃかりきになって自ら商品の良さを説明したことによって、

逆に、消費者に不信感を抱かれてしまう場合もあります。

 

そんな時、考えて欲しいのが、消費者に強く売り込むのではなく、

消費者に商品の良さを感じ取って貰う方法です。

 

この方法は、売り手が強く売り込まないために、消費者に

「安心感」や「信頼感」を与えます。

 

では、その方法としてどのようなものがあるでしょうか?

それはいろいろありますが、

私は、これについて今度のメールマガジンで詳しく書きたいと思っています。

 

発効日は、8月24日 08:00時です。

もう直ぐです。 

是非、ご覧ください。

 

 ところで、このメールマガジンを読むには登録が必要です。
読んでみたいと思った方で登録がまだの方、
又は、解除してしまったといった方は、
下記より今すぐご登録ください。

登録は無料です。
解除はいつでも自由に出来ますのでご安心ください。

このメールマガジンは、まぐまぐサイトの「殿堂入りのメールマガジン」です。
登録はコチラです。
http://www.seiko-web.co.jp/mailmaga/

 

愛知県春日井市でペット関連のサービスを行なわれている、中村ペットサービス様から
「ミニパンフレット」のご注文を頂きました。

ミニパンフレットサンプル

このお店では、ペットホテル、ペットシッターなどのサービスを始め、最近では、ペット運送など幅広いサービスの提供を行なわれています。

 

こんな「攻めの姿勢」の中村ペットサービス様では、攻めのツールの1つとして、「ミニパンフレット」を作られました。

 

ところで、何故、愛知県のお客様が、兵庫にあるセイコー印刷へ
「ミニパンフレト」の印刷をご注文されたかと言うと、
そのきっかけは、弊社が定期的に発行しているメールマガジンでした。


弊社では「売り上げがアップする印刷物とは…!?」をテーマに、
様々な角度から印刷物を使って売り上げを上げる手法やその考え方を
無料で提供しているのですが、
中村ペットサービス様もその読者の1人だったのです。

今回、お店の代表の中村様に、「ミニパンフレット印刷」に関して、
いろいろと質問をさせて頂きましたので、ご紹介したいと思います。


先ず、最初に「ミニパンフレットの印刷を弊社に発注しようと思った一番の決め手」について
尋ねてみると、こんな返事が返ってきました。

 

「安価でありながら、親切な所をと思いながら、インターネット上でいろいろと調べた結果、
セイコー印刷さんのところが一番適切だと思いました。」

いきなり、ありがたいお言葉を頂きました。

 

そこで、「実際にセイコー印刷を利用されて如何でしたか?」と尋ねると、
最初は、距離的なこともあり、不安だったとのことでした。
それは、離れたところでのやり取りの面から、自分が気に入った仕上がりになるのかどうか?と言う部分だったようです。

 

でも、実際は、「スタッフの方々の熱心なアドバイスを頂き、結果、予想していた以上の素晴らしい出来に感謝しています。」とのコメントを頂きました。

また、「ミニパンフレット」は、その名のとおりサイズが小さいと言うことも気に入っていただいたようです。


それは、お客様にミニパンフレットを気軽に受け取ってもらえるからだと言って頂きました。

ご来店のお客様には、バッグや内ポケットなどに気軽に収めていただける、そんな感じが気に入られたようです。

中村様も「お店のサービスを紹介するキッチリとしたパンフレットを以前から作りたいと思っていました。」と、言われていましたが、どのお店(会社)でも、必要なことは分かってはいるが、きっかけがなくてついつい後回しになっているようです。

 

あなたのお店(会社)でも、お客様に、お店のサービスや取扱商品などを「ミニパンフレット」
しっかりと紹介しては如何ですか?

弊社スタッフが、お客様の立場に立ってしっかりと作らせて頂きます。

 


只今、「ミニパンフレット印刷キャンペーン」期間中です!
デザインは、お客様が納得されるまで変更いたします。
また、万一、弊社が提供したデザインがお気に召さない場合は、
デザイン作成の段階であれば、無償でキャンセルしていただいても結構です。

 

詳しくは、コチラをどうぞご覧ください。
http://www.seiko-web.co.jp/service/miniph/

 

また、メールマガジン「売り上げがアップする印刷物とは…!?」を
読んでみたいと思われた方は、コチラからご登録ください。

もちろん登録は無料です。
解除はいつでも自由に出来ますのでご安心ください。
http://www.seiko-web.co.jp/mailmaga/

 


ところで、中村ペットサービス様のホームページはコチラです。
チョッと覗いてみては如何ですか?
http://www.nakamura-kennel.com/

広告と言えば、どの会社も先ず頭に浮かぶのが予算ではないでしょうか?


厳しいこの時代、チョッと尻込みしがちですよね。

でも、確実にいえるのは、

「売るためには自社のサービスや商品の存在を消費者に知らせることが重要だ」ということです。

 

そこで、この厳しい時代、あなたにも是非試して欲しい広告方法があります。

この方法は、節約時代にピッタリの広告方法ですが、

実は、今、ぐんぐん伸びているある業界では、同じ手法であっても節約が目的ではなく、

その方法を攻めのツールとして活用しています。

しかも、伸びている会社(お店)ほどその方法を上手く活用しているのです。

 

目的が「節約」であれ、「攻め」であれ、

この方法は、結果的に「売り上げアップのための広告方法」です。


是非、あなたの会社でも積極的に活用して欲しいと思っています。

 

それについては、今度配信する私のメールマガジンで詳しく書きたいと思っています。


メールマガジンの配信は、1月28日(木)午前8:00です。


絶対に見逃さないでください!

 

ところで、このメールマガジンを読むには登録が必要です。
読んでみたいと思った方で登録がまだの方、
又は、解除してしまったといった方は、
下記より今すぐご登録ください。

登録は無料です。
解除はいつでも自由に出来ますのでご安心ください。

このメールマガジンは、まぐまぐサイトの「殿堂入りのメールマガジン」です。
登録はコチラです。
http://www.seiko-web.co.jp/mailmaga/

あなたは、「ものが売れない理由」について、真剣に考えたことがありますか?

実は、ものが売れない理由のひとつに意外なものがあります。


意外なものとは、

「売り手が自ら作る、消費者との壁」です。

 

その「壁」があることによって、ある一定の割合の人たちは購入を断念します。
つまり、その「壁」が売り上げにブレーキを掛ける働きをしてしまうのです。

 

この「壁」が厄介なのは、売り手側が気づかない内に自らの手で作っている点に有ります。

 

印刷物や、ホームページを作る場合に注意が必要です。

 

私も、ネットショップで、商品を購入しようとした時、
ある「壁」が立ちはだかり購入を断念することがよく有ります。

 

その時よく思うのが、「そのお店が、消費者との壁を取り除いてさえいれば、間違いなくそのお店で、サッと購入したのに」と言うことです。


そこで私は、広告物を作る多くの人たちに
『売り手が自ら作る、消費者との壁』について
是非、気づいて欲しいと思っています。

 

デフレや円高は、私たちの手ではどうすることも出来ませんが、
売り上げにブレーキを掛けている「消費者との壁」は、自分で取り除くことがきます。

 

それについては、今度配信する私のメールマガジンで詳しく書きます。

メールマガジンの配信は、12月4日(金)午前8:00です。
絶対に見逃さないでください!


ところで、このメールマガジンを読むには登録が必要です。
読んでみたいと思った方で登録がまだの方、
又は、解除してしまったといった方は、
下記より今すぐご登録ください。

登録は無料です。
解除はいつでも自由に出来ますのでご安心ください。

このメールマガジンは、
まぐまぐサイトの「殿堂入りのメールマガジン」です。
http://www.seiko-web.co.jp/mailmaga/