東京スカイツリー

|

 

        

6月8日、東京出張の日。

私は仕事の打ち合わせが終わり、

ホテルへチェックインするまでには大分時間があったので、

東京スカイツリーを見に行くことにしました。

建設中のスカイツリーは、今しか見ることが出来にないですからね。


さっそく、地下鉄半蔵門線に乗り、最寄り駅である「押上駅」へ。

駅に着き地上に上がるとその一帯は広範囲に開発が進められていました。

とは言っても、やっぱり周りの風景は下町といった感じが色濃く、

世界一の電波塔であるオシャレなスカイツリーとのギャップを感じてしまいましたね。





押上駅からスカイツリーがある場所までは歩いてほんの数分。

周辺にはまだ高い建物が殆どないことから、

どの位置からでもスカイツリーが目に飛び込んできます。

写真を撮りながらスカイツリーに近づいた時、

ちょうどクレーンが地上に降ろされるところでした。

 

私の近くにサラリーマン風の二人づれがいて、

1人の人がそれを見るなり

「あっ!これこれ。 これが見たかったんだよ〜」と言って

携帯電話を取り出し、その様子を撮り始めました。

それにつられ、私もパチリ。


クレーンの写真



スカイツリーの土台の部分は正三角形で基礎が組まれていて、

上に行くにしたがって丸くなっていることが知られていますが、

そのねじれの部分も、パチリ。


ネジレの写真



いろいろと撮影しましたが、

やっぱり、出来るだけ構図的には、スカイツリーの近くに寄り、

土台の部分からテッペンまでを広角レンズを使って、

グッと迫力のある写真が撮りたかったですね。

でもiPhoneしか持っていなかったのでチョッと残念でした。

(なんと言っても二度と見ることの出来ない建設中の光景ですからね。)



クレーンの写真


 

スカイツリーと一緒に記念撮影が出来るようにだと思いますが、

誰かの粋な計らいで、自転車にミラーがくくられて道路の端に

ちょこんと置いてありました。

 

これだと、一人で、スカイツリーをバックにした写真を摂ることが出来ます。

しかも、広角レンズを持っていなくても、なんとなく広角レンズを使った感じで

撮れるんですね。

 

ということで、迷わず、一枚パチリ。


 


記念撮影が終わったところで、私は、あすの仕事の目的地近くにあるホテルへ直行。